ついに開始!SBI証券 クレジットカードで積立投信でVポイント付与はお得か?

ポイント投資

SBI証券三井住友カードが連携して2021年6月30日からクレジットカード積立サービスを開始しました。
”三井住友カードと SBI 証券、クレジットカードで投資信託が買える「投信積立サービス」及び資産運用でポイントが貯まる「V ポイントサービス」開始”
https://go.sbisec.co.jp/lp/sbixsmbc_210518.html

2021年6月30日追記

さらに最初の半年分はスタートアップキャンペーンとして還元率がアップします。

積立期間:2021/6/30(水)~2021/12/10(金)は最大3.0%還元です。
(*カードの種類により1.5~3.0%)

SBI証券のクレカ積立
https://go.sbisec.co.jp/lp/sbixsmbc_210518.html

今回は、その内容、お得度について確認していきたいと思います。

始め方は ついに開始!SBI証券で投資信託のクレジットカード積立方法を解説 を参考にしてください。

SBI証券と三井住友カードの新しいサービスについて

三井住友カードからSBI証券口座を開設された方は以下のサービスが使用できます。
(元から口座を持っている方は①と②のみのサービスのみです。詳しくはこちら

①SBI証券の投信積立サービスにおける三井住友カードのクレジットカード決済
(決済金額の0.5%分のVポイントを付与)

②三井住友カードアプリ上でのSBI証券総合口座情報の表示

③Vポイント1ポイント=1円として、SBI証券の投資信託の買付ができる「Vポイント投資」

④投資信託保有残高に応じてVポイントを付与

http://www.sbigroup.co.jp/news/pr/2020/0728_12043.html

そうなんです、SBI証券の投資信託購入の際にクレジットカードを使えるようになります。

また、購入分のポイントがゲットでき、そのポイントを使ってまた買付ができます。

しかし、注意点があります。
メインの恩恵を受けられるのは三井住友カード経由でSBI証券を開設した方で、もとよりSBI証券口座を持っている方は一部しかサービスを利用できません。

SBI証券 投資信託のクレジットカード購入、そのお得度は?

SBI証券のクレジットカードによる投資信託積立サービス

SBI証券のクレジットカードによる投資信託積立サービス概要は以下となっております。

対象はSBI証券の口座、三井住友カードが発行するカードを持っている方です。

対象商品は積立買付が可能な投資信託で、特定、一般、NISA、つみたてNISAが対象とのことなので、幅広い投資信託、預かり区分が選択できます。

買付タイミングは毎月1日積立金額は5万円までと制限があります。

また、クレジットカードによるVポイント付与は決済金額の0.5%です。(キャンペーン期間中は1.5%)

1月あたり5万円ですので、Vポイントは250ポイント。

三井住友カード経由で口座開設された方は、1ポイント1円で投資に回せるため、毎月250円分追加で投資できます。

これはお得なのでしょうか?

クレジットカードでの投資信託購入といえば楽天

クレジットカードでの投資信託の購入といえば、楽天証券での楽天カードを使った投資信託積立購入です。

そこで楽天証券とSBI証券でお得度を比較してみましょう。

SBI証券と楽天証券のクレカ積立比較

SBI証券は三井住友カード楽天証券は楽天カードと特定のクレジットカードが必要です。

クレジットカードで購入できる投資信託は積立買付に対応している投資信託で、預かり区分も特、一般、NISA、つみたてNISAと同じです。

一般的なインデックス投資信託であればカバーさえていますし、つみたてNISAも対応しているので困ることはなさそうです。

買付タイミングは毎月1日に限られます。また、最大買付金額も5万円までとSBI証券と楽天証券に違いはありません。

最大の大きな違いはポイント付与率です。

SBI証券が0.5%楽天証券が1%となっており、毎月5万円積立購入した場合はSBI証券が250円、楽天証券が500円です。

楽天証券の方が2倍多いので、この差は大きいと思います。

やはり、同じ楽天内でのサービスのため、有利なのかもしれません。

SBI証券と三井住友カードには頑張ってほしいですね。

2021/6/30更新
SBI証券+三井住友プラチナなら+2.0%(キャンペーン中は3.0%!)三井住友ゴールドなら+1.0%(キャンペーン中は2.0%!) とお得です!
既にゴールドやプラチナを持っている方は投信買付もそのままの還元率のようですね。
これは嬉しいです!

クレカ積立ポイント付与率
https://go.sbisec.co.jp/lp/sbixsmbc_210518.html

ただし、SBI証券での投資信託購入で付与されたVポイントは三井住友カードでSBI証券を口座開設していないとポイントで再投資できません。ご注意ください。(詳しくはこちら

まとめ

SBI証券と三井住友カードが連携して新しいサービスを展開します。

しかし、ポイント付与率はいまいちでSBI証券が0.5%楽天証券が1%となっており、楽天証券の類似サービスに劣ります。(通常カードの場合の比較。三井住友ゴールドは1.0%、プラチナは2.0%)

コメント

タイトルとURLをコピーしました