SBI証券のえらべるポイント投資でできること|Tポイント・Pontaポイント・Vポイント

ポイント投資

世の中にはたくさんのお得なポイント制度がありますが、ポイントは投資にも使用することができます。

代表的なポイント投資といえばSBI証券のTポイント投資、楽天証券の楽天ポイント投資。

ポイントは余ることもあるから投資に使用できると使い道に困らないのでいいよね。

そうだね、でもSBI証券はTポイント、楽天証券は楽天ポイントしか使えないから僕が貯めてるPontaポイントだと投資ができない・・・。

SBI証券が「えらべるポイント投資」を開始するよ。

Pontaポイント、Vポイントと選択の幅が広がるよ。

SBI証券のえらべるポイント投資
  • SBI証券が「えらべるポイント投資」を発表。
  • Tポイント、Pontaポイント、Vポイントを貯めたり使ったりできる。
  • 現時点では基本的にTポイントを貯めるのが正解。ただし、三井住友カードのクレカ積立は設定してVポイントはゲットしておこう

*TポイントはTSUTAYA、ファミリーマートなどで使える共通ポイント

*Pontaポイントはローソン、ゲオなどで使える共通ポイント

*Vポイントは三井住友カードを使用するともらえるポイント

SBI証券が「えらべるポイント投資」を開始

SBI証券えらべるポイント投資
https://go.sbisec.co.jp/lp/lp_choice_point_inv_20210820.html

最近SBI証券がポイント投資に力を入れています。

2021年8月に発表のあったその名も「えらべるポイント投資」。

SBI証券ではTポイントだけでなく、Pontaポイント、Vポイントの取り扱いも始まります。

  • SBI証券が「えらべるポイント投資」を発表。
  • SBI証券ではTポイントだけでなく、Pontaポイント、Vポイントの取り扱いも始まる。

「えらべるポイント投資」概要

SBIの「えらべるポイント投資」はTポイント、Pontaポイント、Vポイントがもらえたり使えたりするというものです。

一方で、ポイントを貯めるときの注意点やポイントごとにできることが違いますので解説します。

投資で貯めるポイントをえらぶ

貯める

ポイントが貯まる取引はいくつかありますが、貯められるのが多くの場合TポイントまたはPontaポイントとなります。

ポイントを貯めるシーンは下記の場合です。

TポイントとPontaポイントはほぼ同じ場合にポイントを貯めることができます。

ただしポイント投資紹介プログラムはTポイントのみです。

Vポイントは現状三井住友カードのクレカ積立でのみポイントを貯めることができます。

ポイントが貯まる場合TポイントPontaポイント(*1)Vポイント
国内株式手数料マイレージ
(国内株式現物取引)
投信マイレージ
(投資信託保有残高)
金・銀・プラチナマイレージ
(金・銀・プラチナ取引)
新規口座開設
国内株式入庫
ポイント投資紹介プログラム
三井住友カードのクレカ積立✖(*2)✖(*2)
(*1)Pontaポイントを選択できるのは2021年11月からの予定。(*2) クレジットカードで購入した投資信託の投信マイレージは受取可能。

以上を考えると、TポイントまたはPontaポイントをもらいながら三井住友カードのクレカ積立でVポイントを貯めるのが最も効率の良い貯め方といえます。
(*Pontaポイントは2021年11月から選択可能)

現時点では基本的にTポイントを貯めるのが正解。ただし、三井住友カードのクレカ積立は設定してVポイントはゲットして置こう

投資信託使うポイントをえらぶ

貯めたポイントで投資

ポイントを使って投資信託の購入もできます。

Tポイント

Tポイントは以下のルールで投資信託を購入することができます。

かなり条件としては緩いので、Tポイントを貯めている方にとってはとても嬉しいです。

  • 100円分から投資信託の買付につかえる
  • 利用できるポイント数には上限も下限もなし
  • ポイント利用のときは、買付代金の全部・一部どちらでも可能
  • 期間固定ポイントも使用可能
  • 他のポイントからの交換分も使用可能

Pontaポイント

Pontaポイントの付与、投資信託購入は2021年11月提供開始予定です。

おそらくTポイントに近い条件で使用可能と思われますが、詳細はサービス内容が確定次第、取り上げようと思います。

Vポイント

Vポイントは既に投資信託のクレジットカード購入で貯めることができますが、投資信託の購入にはまだ使用できません。

2022年春~夏開始予定とのことなので、詳細はサービス内容が確定次第、取り上げようと思います。

ただし、Vポイント投資するには、三井住友カード経由で SBI証券 の申込みが必要です。

一方でSBI証券のクレジットカード積立と三井住友カードのVポイントのキャッシュバックを使えば今でもVポイントを投資に使うことができます。

詳しくは SBI証券x三井住友カード|Vポイントを投資に回す簡単な方法 で説明しています。

SBI証券のえらべるポイント投資でできること|まとめ

SBI証券のえらべるポイント投資
  • SBI証券が「えらべるポイント投資」を発表
  • Tポイント、Pontaポイント、Vポイントを貯めたり使ったりできる
  • 現時点では基本的にTポイントを貯めるのが正解。ただし、三井住友カード/html]のクレカ積立は設定してVポイントはゲットしておこう

コメント

タイトルとURLをコピーしました